非常事態にも冷静に!天災に備えよう

過去に震災が発生した時に死亡した被災者の死因の中で多いものは、火に巻き込まれたのや家財道具が倒れ為の圧死です。いいかげんに据え付けてあった調度品の散乱で死傷する二次被害を減らしたい時、はたして何を備えたら有効なのでしょうか。災害対策をする上での最低限はある程度大きい布と飲料水、電池です。過去沢山の被災した人達が、風呂敷類は相当役立ったと言う風に証言しているのです。加えてボトル入りの飲料水を必ず用意して下さい。飲んでしまってもボトルはとても便利な災害対策用品になりますので、被災の場合は処分せずに利用する様にした方がよいでしょう。非常時におニューの防災アイテムを予め用意する事はよくありません。却って普段からいろいろとリサーチし、実践して使い心地に関しても理解しておく事で、緊急時でもまごつかなくて済む筈です。心構えがあれば案ずる事はありません。グッズのみではなく経験も予め持っておきましょう。